fc2ブログ

【山形米沢】割烹 黄木

さて、間が空いてしまいましたが番外山形編。
最後は「割烹 黄木」さんです。
黄木さんは米沢にあるグルメプラザ金剛閣という2~5階まで米沢牛のお店という素敵な肉ビルの2階にあるお店です。
このビル自体は「黄木精肉店」が手掛けるものなのですが、この精肉店は米沢の名旅館「時の宿すみれ」さんと関係の深いお店なのです。
もともとフレンチ出身のシェフが手掛ける割烹料理。
どんな感じだかワクワクです。

案内された席はパーテーションで区切られてちょっと個室のようになった席でした。
予約が功を奏したかな?
DSCN3211_050.jpg

まずは小鉢。
DSCN3210_050.jpg
「米沢牛外ももの冷しゃぶ 土佐酢ジュレ 春野菜添え」
さすが、精肉店直営だけあって部位にまでこだわるあたり素敵です。柔らかくも肉の食感がしっかりしていました。
土佐酢のジュレもさっぱりした感じでよかった!
続いて刺身。
DSCN3212_050.jpg
「米沢牛刺身盛り合わせ」
左から「千枚のワサビ和え」「内もも泡醤油」「タタキの晩菊和え」の三種類。
特にうまかったのは千枚。コリコリとした食感がたまらなく良い!
続いて煮物。
DSCN3213_050.jpg
「若竹の牛そぼろ煮」
ここまで、軽くさっぱり目とはいえ肉肉と来ていたので、そぼろは言え筍の煮物はちょっと一息といった感じでした。
若竹はやっぱり春の味覚ですねぇ。
続いて凌ぎ
DSCN3214_050.jpg
「米沢牛とろ握り寿司」
いえね。こういう肉料理の時によくあると思うんです。お肉の握りずし。
しかし! ここまでおいしいのは初めてかもしれません。
トロッととろけるんです、お肉が。シャリもホロっと崩れるんですが、それ以上にお肉がトロッととろけるんです。
これはね。
おかわりしたかった!!!
続いてメインの鍋物
DSCN3216_050.jpg
DSCN3217_050.jpg
「米沢牛すき焼き一式」
どうですか、この堂々たるお肉!
もう見ただけでトロリととろけそうなそれでいてしっかり食べられそうなああもう!
ここのすき焼きは味噌仕立てのすき焼きでした。
そして、シメはおうどん!
DSCN3218_050.jpg
うどん数寄ってやっぱりすき焼きのシメの王道ですね。
デザートは「桜のパンナコッタ」
DSCN3221_050.jpg
この週、実は山形はどっかり雪が降ったのですが、この日のお料理は最初から最後まで春の香りでいっぱいの夕食でした。
DSCN3222_050.jpg
お茶まで春の香りです!

まあ、お値段はそれなりにするんですが、それに見合ったおいしさではありました!

ということで、他の季節にも行ってみたいの
★★★☆☆ 星3.5です。

割烹 黄木 (割烹・小料理 / 米沢、南米沢)
★★★☆☆ 3.5

スポンサーサイト



テーマ : 晩ご飯
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だるっち☆☆☆

Author:だるっち☆☆☆
うまいもの食べれば、幸せ!

だるっち☆☆☆の本棚
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード