【豊前塔田】うどん豊前屋 官べえ

以前、南烏山で「豊前うどん」なるものを初めて見つけて、そんなのあったんだ?と驚いた話はエントリしたことがあったかと思います。
で、実家に帰ったら「ぜひ食べさせたいおいしいうどん屋さんがある!」などと家族が口をそろえて言うではないですか!
それは豊前うどん! おいおい、あれじゃん? 前に食べたやつじゃん? ってことで非常に興味をそそられて連れて行ってもらいました。
「うどん豊前屋 官べえ」さんです!
kanbee001.jpg
豊前うどんとは何なんだと思っていたのですが、どうやら父曰く「豊前裏打ち会」なる秘密結社があるそうで!
そこで切磋琢磨、研鑽を積んだ者たちが作るのが豊前うどんなんだそうです。 ふむ、よくわからんがすごそうだ。
僕のチョイスは定食Aにごぼう天のトッピング。ミニうどん、ミニ丼、唐揚げという少しづつたくさんがうれしい感じだ!
kanbee002.jpg
ってことで到来! 
…えっと? ミニうどんですよね?? 丼はミニっぽいけど(それでも『っぽい』である)、うどんはノーマルサイズに見える…
kanbee003.jpg
しかし、ごぼう天を見て納得。
そうか、この直径がノーマルのうどんのサイズなのかww
kanbee004.jpg
では、お楽しみのおうどんをまずは天ぷらを入れずに食べてみる。
だしの効いたうまいおつゆ! あはあ、これこそうどんだよねえ。関東風の黒いおうどんにも慣れたし、おいしいと思う事もあるけれど、これこそがおうどんだわあ。関西(近畿)風の澄んでるけど甘めのおつゆともまた違うんだよねえ。
そして、ちょっと細めの稲庭うどんっぽい麺。これがうまい! ちゅるっと気持ちよくすすりこみ、噛むとちょっと柔らかめなんだけど博多うどんみたいな「唇で切れる」というのではなく芯のほうに軽く跳ね返して来るようなコシがある。
これだよ、これ! 硬いだけで「コシがある」と名乗るうどんとは違うわあ!
豊前裏打ち会、やるなあ。
kanbee005.jpg
かつ丼もうまい!
かつ丼の楽しみは何といってもカラッと揚がったであろうかつを出汁と卵でしっとりさせてしまう背徳感にある!
そしてその背徳感は元がカラッとしていないと生まれないんですよ。
そういう部分でこのかつ丼、最高! 出汁の沁みた衣、程よい半熟間の卵、しっとりして食べごたえのある豚肉、そして米が旨い!
ぐれいと!ふぁびゅらす!まーべらす!
kanbee006.jpg
そしてこのカラッと揚がった唐揚げ!
国道10号線沿線に店を出して唐揚げを出す以上、おいしいに違いないと信じていたけど、最高だね。
カラッとパリッと上がったころも、じっくり味の沁みこんだ鶏肉。
ああ、豊前の唐揚げはこれやね。東京じゃ、食べられん!
家族おすすめの豊前うどん。心から堪能いたしました!

福岡というと皆さんラーメンばかり食べてると思うかもしれませんが、頻度としては絶対にうどんのほうが多いと思う。
ラーメンもいいけど、うどんは生活の中にしっかりと組み込まれた食べ物なのです。
にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

美味さを裏打ちする努力を感じた!の
星5つです!!

うどん豊前屋 官べえうどん / 宇島駅三毛門駅豊前松江駅

昼総合点★★★★★ 5.0

スポンサーサイト

テーマ : うどん
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だるっち☆☆☆

Author:だるっち☆☆☆
うまいもの食べれば、幸せ!

だるっち☆☆☆の本棚
しゃめびより。
今、何時??
ガチャ便
街とか旅とかサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード